So-net無料ブログ作成

銭の戦争 1話 ネタバレ 第2話予告

[感想]
草彅君主演の『銭の戦争』・・
壮絶なる復讐劇の開幕です

証券会社での成功を修めている「白石冨生(草なぎ剛)」
綺麗な恋人(しかもお金持ち)もいて順風満帆な生活を送っているが・・・
銭の戦争 第一話 ネタバレ

初回は二時間スペシャルでした


草彅君の役どころはエリートサラリーマンの「白石冨生」
美人できれいな恋人・梢もいて上司からも認められたまさにエリートです

しかしそんな冨生の生活も父親が借金を残し、失踪したことから
全てを失ってしまいます・・・

ここまでの幸せな時間からの転落への経過がものすごい壮絶です
上司からは可愛がられていたのに裏切られ、お母さんも心労+脳腫瘍で
倒れてしまいます

正直に言えば冨生には弟の光太郎がいるのですが
この光太郎は大学での研究をしたいがために家を出ているそうで・・・
うーん・・・ちょっと頼りがないですね・・・


しかも、その恋人の梢の祖母からお金で困っている時に「1000万円上げるから梢と別れて欲しい」
と言われ誓約書を書かされそうに・・しかし冨生は「梢と金は別」と言い切り
誓約書を書かなかったのですが

「頼む、母さんの手術金何とかしてくれ!!」

と光太郎が冨生に泣きついてきます・・いやぁ玉森君が凄い上手だなぁと思います

もの凄く優男風なダメ男を演じるのが上手ですよね・・・

今ならば北海道の有名な先生の元でお母さんの手術が出来るようで・・・
手術代が必要なようです・・仕方なく冨生はもう一度祖母の元に帰り
1000万円を貰ってしまいます・・が!それを何と債権を買ったチンピラに奪われてしまいます・・

冨生はもちろんボロボロになり、そこを冨生の恩師の先生が助けてくれて家に連れて帰りますが
そこに何と娘(大島 優子)が!!!

ここで絡むんですね!!!

そこで介抱された冨生は何とか吹っ切れますが
家に帰ると恋人の梢ちゃんが・・・・

「お母さん、手術出来そうなんだって?お金、気持ちだけだけどお母さんに持ってきたの」

と実は1000万円は冨生を試した祖母のいじわるだったんですが、書面に「もう梢とは会わない」
として書いてしまった冨生は梢を冷たくあしらいます

「梢は正しいよな、優しくて・・でもそれはお金があるからこその余裕なんだよ」

「お金と女か・・それは今は金だよ」

「お金は置いておけよ、おやじの葬式代に使うからな」

と暴言を!!もしかしたら梢ちゃんを離すためにそういう暴言を言ったのかもしれませんが
傷ついた梢ちゃんは静かに去って行ってしまいます・・・

そして最後の葬式では参列してきた人たちからも罵倒されます

金を返してくれという人々ばかりで従業員にすらも非難され
冨生は何かが切れてしまいます

「俺があんたらに今まで見たことないぐらいの札束を積み上げてやるよ!!
もし積み上げたらあんたらおやじに土下座しろよ!!」

「俺が、金で失ったものを金で取り返してやるよ!!」

と担架をきり一話が終了します

第二話は「冨生がついにホームレスへ転落へ!!!金ですべてを取り返す!?」
です!!

大島優子冨生以外の人といい雰囲気になっていたり、冨生を助けてくれた先生にも借金が!?
そして冨生に差し伸べされた手が・・!!??
かなり気になりますね~





スポンサーリンク


.



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサー
画像の説明文を入れてください

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。