So-net無料ブログ作成
検索選択

銭の戦争 ネタバレ 感想 第四話

[感想]
未央(大島優子)を結婚式から連れ出した『花嫁泥棒事件』
このせいで未央のお父さんはまた新しい借金を新郎側から取り立てられることに・・・
うわーんな展開に・・・

今回は何とやくだからの取立て、しかも相手は性質が悪いようですね・・

この大黒というやくざ・・やはり一筋行かないようですね。冨生(草なぎ剛)はこの大黒から8500万程の取立てが出来ると宣言し、彼から
取立てがだ来たら3割貰う事を約束させます。
そして未央は会員制のリゾートホテルでのテレアポを始め、先生もまた工事現場の
アルバイトを始めますが、その矢先に脊椎間ヘルニアを患い、入院してしまいます。

そしてホテルへの未納代金を200万円を梢のホテルに払わなければいけず、それを交渉しに
行きますが、一括返金のみという事を告げられます。しかし、未央への嫉妬からか
梢は未央に『会員制リゾートクラブの会員情報を渡せ』と言ってきます(自分のブライダル企画の事もあると思いますが・・)

冨生は色々と外堀を埋めて、何と組長に取り入ったりしながら大黒と対決します!
冨生の作戦はシンジ(ホームレス仲間)が昔使っていた口座をわざと大黒達に
売らせてそこに振り込まれるであろう8500万円以上のお金を横取りする計画のようです。

そしてもちろん。冨生の作戦は成功し、お金の横取りし、全額を回収します。
これには大黒もかんかんになり、冨生を呼び出し、殺害しようとしますが
そこに組長が登場し、「この人に手を出すならお前を組から脱退させる」と
言われてしまい、もちろん退きます。
冨生の勝利!!!

未央も未央で梢の要求を突っぱねます『お金より良心』と言い切る
未央に梢も皮肉で返しますが、それでも未央は顧客情報の入ったUSBを投げて
『ずるい女ですいません』
と言い切り、その交渉の場を去ります。

それを赤松社長が見ていました・・。なんだこの胸騒ぎ

三割の歩合を貰った冨生はそれを未央に700万渡し、こんなに一生返せないという
未央に冨生は『無期限、無利子、担保は君の良心だ』と言い切る冨生に
未央は『ありがとう、白石さん』とやっと500円男からの脱却が!!!
冨生×未央も近いですね。

しかし、不穏な動きが・・・どうなるんですかね。


スポンサーリンク


.



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサー
画像の説明文を入れてください

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。